ABOUT

雇用機会から排除されてきた多様な人々を包摂できる雇用システムを、地域社会に実装するアクションリサーチを行っています。

IDEA PROJECT について

排除しない
労働社会目指して

インクルージョンのための雇用モデル

東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野では、
されてきたできる雇用システムを、
するアクションリサーチ
を行っています。

References

書籍

論文

  • 近藤武夫(2021)地域で雇用する週15分からの新しく柔軟な働き方. 障害者の新しい働き方事例集 , 東京都産業労働局雇用就業部就業推進課発行 p36-37
  • 近藤武夫(2020)超短時間雇用とは.新ノーマライゼーション,40(452),4-5
  • 近藤武夫(2020)インクルーシブな働き方と超短時間雇用モデル. 職業リハビリテーション, 33(2), 29-34.
  • 近藤武夫(2018)「超短時間雇用」という新しい働き方の現状 (特集 日本型雇用システムの現状と課題). 生活協同組合研究 (514), 20-26.
  • 近藤武夫(2018)「超短時間」雇用モデル (特集 障害者と雇用者の負担を減らす「働き方改革」). ビジネスガイド 55(8), 13-18.
  • 近藤武夫(2017)産学官連携による障害のある人々の新しい働き方の創出. Omni-management 26(10), 8-11.

学会発表

  • 松清あゆみ,吉岡真理,福原宣人,平井恭順,岸田耕二(2019)超短時間雇用という新しい働き方のデザイン.日本職業リハビリテーション学会 第47回 大阪大会

報告書等

  • 近藤武夫(2018)厚生労働省 第9回今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会 資料1-2

TV

新聞記事

  • 働く手応え得る機会を(2020/12/3).神戸新聞
  • 同じ職場で働く 戦力に障害者を(2020/12/1).中日新聞
  • 障害者雇用 新たな形(2020/4/1).朝日新聞
  • 障害者の短時間雇用拡大(2020/1/20).日経産業新聞
  • 超短時間勤務 人手不足補う(2019/11/20).熊本日日新聞
  • 新たなモデルケース、超短時間雇用に注目 視覚障害者第0号、神戸で目指す(2019/9/1).点字毎日
  • 働きたい働ける・週20時間 壁打ち破る(2019/8/1).東京新聞
  • 障害者雇用の多様化、協力拡大 神戸市、東大先端研と協定(2019/8/1).神戸新聞NEXT
  • 働くバリアー障害者雇用のいま(2019/2/8.佐賀新聞, 2019/2/15.河北新聞, 2019/2/18.沖縄タイムス社, 2019/2/18.東奥日報社)
  • 商店街の「お困り事」を障害者の”ビジネスチャンス”に 神戸・垂水で試み(2018/12/21).神戸新聞NEXT
  • 障害者雇用中央省庁が水増し 民間企業は働き方工夫(2018/9/1).日経新聞
  • 論説「川崎市 短時間雇用 はじめの一歩支える 精神障害者の就労先広げ」(2018/4/27).神奈川新聞
  • 障がい者 超短時間勤務 ソフトバンクが推進団体 東大先端研と連携(2018/3/1).日刊工業新聞
  • 新たな働き方 超短時間雇用を学ぶ(2018/2/3).岳南朝日
  • ・・・その他多数

ウェブ記事

その他

  • 平成30年度 文部科学省委託調査 学校卒業後の障害者が学習活動に参加する際の阻害要因・促進要因等に関する調査研究報告書 (p92-95)

STAFF

東京大学先端研

プロジェクトメンバー

  • 近藤武夫 Ph.D.
    准教授・東大先端研近藤武夫 Ph.D.

    障害のある人もない人も、お互いを頼りにし合いながら、自由かつフェアな形で混じり合える街を作ることをIDEAでは目標にしています。

  • 松清あゆみ Ph.D.
    特任助教・東大先端研松清あゆみ Ph.D.

    誰もが自分に合った働き方で活躍できる地域社会の実現を目指して取り組んでいます。

  • 西田玲子 Ph.D.
    特員研究員・東大先端研西田玲子 Ph.D.

    ほんの数時間でも、働くことで、社会とのつながりができ、生活にも変化が生じます。その人にあった働き方ができるよう、取組にも多様性が必要だと思っています。

  • 高森 明
    ユーザーリサーチャー(学術専門職員)・東大先端研高森 明

    ここで働く前は、自分自身も働くことに悩みながら、障害者就労支援の仕事に関わっていました。障害者が少しでも質のよい労働参加を達成できるよう、全力で頑張ります。

パートナーズ

  • ソフトバンク株式会社
  • 川崎市
  • 神戸市
  • 渋谷区
  • 世田谷区
  • 港区
  • 岐阜市

© RCAST, The University of Tokyo