REPORT

超えるIDEA Vol.4 レポート再エネの本質は地域でエネルギー施策を自己決定することにある

超えるIDEA第4弾 東京大学先端科学技術研究センターの杉山 正和とのトークセッション | IDEA PROJECT(アイデアプロジェクト) 東京大学先端研

2021/02/17開催
超えるIDEA Vol.4
「新エネルギーとまちづくり」

プレゼンター杉山 正和

東京大学先端科学技術研究センター 教授

プレゼンター飯田 誠

東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授

モデレーター近藤 武夫

東京大学先端科学
技術研究センター 准教授

総括100年後の子どもたちに何を届けたいかを考える

連続対談企画の第4弾は東京大学先端科学技術研究センターから、ともに再生可能エネルギー分野を専門とするお二人の研究者をプレゼンターとして招き、大学と地域が連携した社会課題の解決についてお話を伺いました。

大学の研究者が地域課題に取り組み、そこで新しい価値やアイデアを生み出すためには、研究室を出て地域の人たちとつながることが不可欠であること。再生エネルギー施策を新しく立ち上げる時には、地域の中小企業の方々のフットワークと実行力、価値あることだからまずはやってみようという関係者の想いに支えられていること。地域で暮らす人、大企業、中小企業、行政、大学が混ざり合いながら信頼関係を育み、新しいアイデアと持続可能な社会につなげる議論を生む取り組みを大切にする実践が重要であることが、長崎県壱岐市や福島県いわき市などの事例をもとに語られました。

再エネの本質は、エネルギーを国家がどう地方に供給するかではなく、それぞれの地域が地域の活動やあり方に合致する形で、再エネという新しいエネルギーをどう生産して消費したいか?つまりエネルギーの自己決定にあることと、そこで大学の研究者がどのように活動してきたかを知る機会となりました。

スライド資料のダウンロード

© RCAST, The University of Tokyo